無料ブログ作成サービス JUGEM
18年ぶりの大修理。
0
    今年は18年ぶりに大修理されただんじりがありました。



    上町のだんじりです。
    昭和4年に制作されただんじりも今年で88年。人でいう米寿にあたる歳です。
    そんな上町のだんじりが平成11年以来の大修理。

    主に締め直しと屋根廻りの修理とのことですが、だんじりの後面にある旗台を今回の修理に合わせて彫り変えられました。

    竹の節に合わせた【波に兎】が彫られていました。

    ↑竹の節彫物

    4月2日。
    まだ早朝の気温が5度という中始まった入魂式。

    気温は低かったですが、本祭ほどの勢いと各角の観客の数。
    朝6時から8時の時間でこんなに人が集まるのか!?と思うくらいの人の数。

    1台のだんじりが動くことに数千人が動くというのがこれまた岸和田のすごいところではないでしょうか。
    こんな時に何か滞在していただけるような手段を考えないといけないと思いましたね。



    18年ぶりの大修理。お披露目曳行という貴重な場面に立ち会えたことに感謝です。

    次は100年に向けて。
    そして最古参で岸和田の町を走り抜けていく上町にだんじりを思い浮かべながら…。

    | 岸和田596 | 岸和田だんじり雑考 | comments(0) | - | - |